レストランでのマナーと支払い方法

レストランでのマナーと支払い方法

旅行で、ゆっくり楽しみたいのが、食事や休憩のひと時ですね。

ドイツと日本では、少し違うこともあります。

ドイツ人が、当たり前にやっていることを

ここで、お教えします。

これを、さらっと実践すれば、あなたも、レストランで浮くことがありませんよ^^

 

レストランへ入ると、まず、勝手に座っていいお店と

案内をされるお店があります。

少し、入り口で待ってみましょう。

誰か来ても、何もいわれないなら、自分で好きな場所を選んでも良いですね。

 

席を決めたら、近くを見渡して、コートなどをかけるところがあります。

テーブルの近くで、コートや上着を脱いで、貴重品だけ取り出し

コートをかけます。

 

レストランの場合、テーブルに付くと、まず、飲み物を聞かれます。

一番初めに、何を飲むのか決めて、その注文が終わってから

食べるものをゆっくり考えましょう。

 

お水は、普通に頼むとガス入りの水が出てきます。

ガスの入っていないお水が欲しい場合は

「Wasser ohne Kohlensaeure bitte!」

(ヴァッサー オーネ コーレンゾイレ ビッテ)

と言いましょう。

 

 

 食事が終わる頃、ウエイトレスさんが食器を下げに来ます。

そこで、必ずといって良いほど

「Hat es geschmeckt? 」 「お口に合いましたか?」と

聞いてきます。

軽く「Sehr gut!(セア グートゥ)」とても美味しかったですよ。

と、返事をして見ましょう。

難しい場合は、「Yes」でもいいですよ。

 

食事を終えて、支払いをしたい場合は、ウエイトレスが近くを通った際

気づいてもらえるよう、軽く片手を挙げて合図をします。

ウェイトレスが来たら、「Zahlen , bitte!  (ツァーレン ビッテ)」といいます。

 

計算されたレシートをテーブルに置いてくれるので

お金をレシートの横に差し出します。

チップは、食事代が10ユーロなら、1ユーロ

30ユーロなら、3ユーロくらいで十分です。

サービスが悪かったときは、払う必要もありません。

 

食事代+チップの合計を、数字でいえればベストですが

ドイツ語で数字を言うのは、ちょっとややこしいです。

 

支払いを終えて、おつりをもらってから

もらったおつりから、あげたいだけチップを

「Fuer Sie(フュア ジィー)」といって

ウエイトレスに差し出せば、「Danke!」といって受け取ってくれますよ。 

 

会話が苦手で、気軽に食べたいときは

こにょうな、セルフのパン屋さんも、最近はできています。

簡単に済ませたいときは、こんなところを利用するのも良いですね。

 

美味しいドイツの食べ物 記事一覧へ戻る

 

2010年02月08日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 食べ物

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。


»
«